〜行橋駅〜

 行橋駅は、福岡県行橋市西宮市二丁目にある、九州旅客鉄道(JR九州)・平成筑豊鉄道の駅です。2006年9月末まで駅構内(改札外)で小松商店の直営売店で駅弁の販売をしていました。

 行橋市の中心部で、金融機関もおおむね揃っています。東側(市役所側)は行橋市の中心部で、行橋駅前通りには商店街が軒を連ねています。
 西側(安川通り側)はマンション等が開発されており、周辺には大型ショッピングセンターなどの商業施設も増加しています。中心部から少し離れると住宅地です。

 JR九州の日豊本線と、平成筑豊鉄道の田川線の2路線が乗り入れています。田川線は当駅が起点になっています。
 では、行橋駅を見て参りましょう。

東口。ロータリーがあります。



東口から見た駅舎です。



駅前には、モニュメントが設置されています。



かつての機関車の動輪です。



遠景で東口を。



かつての行橋駅の構内案内図。画像クリックで拡大サイズの画像が出ます。



駅舎内から東口を。



今度は西口です。



西口側には、水が流れるモニュメントが設置されています。



今度はコンコースを見ていきます。



駅の南側には、『えきマチ一丁目』などがあります。



南西側には観光物産館である『ゆくはしマルシェ』。



えきマチ一丁目の入り口。



八百屋やケンタッキーが軒を連ねています。



反対側にはブティックや弁当屋があります。



えきマチ一丁目の案内図。えきマチ一丁目を抜けた先に設置されています。



えきマチ一丁目を抜けると、平成筑豊鉄道の改札口へ直通の階段があります。



この先はトイレや各店舗の事務所、駐輪場になっています。



駐輪場側から。



構内に戻って、北側には改札口やトランドールなどがあります。



東側は切符売り場。



改札口。



改札を抜けると、『行橋ねぶた』が展示されています。



1、2番のりば方向の階段。



奥はトイレになっています。ちなみに洗面台は自動ですが、石鹸は設置されていません。



3、4番のりば方面の階段。



3、4番のりば側の階段から改札口側を。



1、2番ホーム。



各ホームには、エレベーターも接地されています。



3、4番のりば。



こちらには、平成筑豊鉄道の5番のりばも併設されています。



改札口。先ほどの階段から、こちらに直通で来ることも出来ます。



行橋駅の駅名表です。



以上、行橋駅の紹介でした。


戻る